おしゃれなダイレクトメールの作り方

もらってうれしいダイレクトメールとは

ダイレクトメールを送るからには、消費者がもらってうれしい物を作成するのが良いです。もらってうれしいダイレクトメールとは、新商品の情報やセールのお知らせ、料金の割引サービスの紹介など消費者にとって知りたい事やお得になる事が盛り込まれた内容が記載されている物です。このようなダイレクトメールを作成するには、マーケティングを行なって、消費者が何を望んでいるのかを事前に把握しておく事が重要です。配布する時には、読んでもらいやすいタイプの広告物を作成する事が大切であり、圧着ハガキであれば、めくるだけですので場所を取らずに済み、半透明のビニル袋にパンフレットなどを入れておけば、どのような宣伝であるのかが一目で分かり、消費者に興味と安心感を与えます。

興味を持ってもらう為の内容を考える

もらって嬉しいメールを作る為には、消費者に興味を持ってもらえるような内容を用意しなければいけません。割引チケットを同封したり、新情報を記載したパンフレットを入れておいたり、セール情報において、お得感を演出する為に、割引率を記載したりする事で消費者に興味を持たせられる可能性が広がります。ダイレクトメールは、商品やサービスの宣伝を行うのに便利な広告媒体であり、電子メールやネット広告とは違って紙媒体ですので、端末が無くても宣伝が行え、消費者に読んでもらえるといった利点があります。その為、紙面が許す限り、自由に表現をしていく事ができ、様々な情報を盛り込んでいく事が可能になっています。見やすいようにレイアウトを考慮して、消費者が求める情報を提供していけば、宣伝効果を高められます。

配布するダイレクトメールの種類を決める

ダイレクトメールには、圧着ハガキや封筒といったタイプがありますので、配布するターゲットによって使い分けていくのが良いです。多くは、サービスを利用している顧客に対して送付しますので、提供する情報によって、ダイレクトメールの種類を使い分けていくと良いでしょう。圧着ハガキは、何らかのお知らせをする為に使うのが適しています。めくる事で、お得情報などを消費者に知らせる事ができ、封筒に比べてコストが安く、情報が限定されている時に有効な手法です。一方で、封筒は、情報量が多い時に有効な手段であり、パンフレットなどを入れて送付したい時に使います。パンフレットは、ハガキよりも紙面の面積が広く、ページ数が多いですので、情報量を多く掲載する事が可能です。顧客が求める情報を把握して、これらの広告媒体を最大限に使っていく事が大切です。