おしゃれなダイレクトメールの作り方

ダイレクトメールの効果と費用について

ダイレクトメールは、企業が消費者に対して商品やサービスの情報を提供する為の宣伝媒体です。タイプとしては、圧着ハガキや封筒、パンフレットが入っているビニール袋タイプの郵便物などがあります。その効果は、マーケティングを行なったかどうかで変わってきます。エリアやターゲットを意識して配布や送付をした場合や会員にのみ送る場合において、高い宣伝効力を発揮してくれます。費用については、1万通といったロット単位で業者は受け付けており、この時、1通当たり50円から90円ほどの料金になっており、相場としてもそれぐらいを目安に注文していけば良いでしょう。ダイレクトメールは、郵便物以外にも電子メールでも行う事ができ、郵便物と電子メールを同時に送る事で様々な人々に宣伝が行えます。

ダイレクトメールで宣伝するべき事を考える

消費者に商品やサービスの紹介をしていくのがダイレクトメールです。その為、ダイレクトメールにどのような内容で商品やサービスを宣伝していくのかを考えていかなければ、高い集客効果が期待出来ません。集客効果を高める為には、商品やサービスの魅力、従来品からどの程度の性能アップがされているのかなどを記載していきます。また、割引などを実施しているのであれば、その事を宣伝する事で消費者に興味を持ってもらえます。ダイレクトメールで宣伝する内容は、新商品の紹介でも、セールの紹介でも構いません。消費者が興味を持ってくれそうな商品やイベントを提供する事が必要であり、ダイレクトメールでは、それらの良さを伝えていく工夫が求められます。個々の商品やサービスを紹介するのではなく、一つのイベントのお知らせを行うのであれば、圧着ハガキを使った方がコスト面で有利です。

ダイレクトメールのデザインについて考える

1万通というロットにおける1通当たりのコストが50円から90円ほどですので、配布物が多いほどコストが抑えられる事になりますが、消費者に受け取ってもらって読んでもらう為には、コンテンツのレイアウト、パンフレットやハガキのデザインを工夫していく必要があります。商品やサービスがエコのイメージであるなら、自然をイメージするようなデザインにしたり、セールの宣伝であるなら、割引率を強調するような表現を用いたりする事で、ダイレクトメールの効果を最大限に引き上げる事が可能になってきます。良い印象を与えたり、どのような宣伝であるのかを一目で分かるようにするには、広告物のスケルトン化も有効です。広告物を透明のビニール製の封筒に入れて発送・配布する事で、どのような内容の広告物であるのかがよく分かります。